3パターンのやり方

1、「投資家」=自分の資産で数百万円、数千万円あるいは数億円といったお金を運用して、長期間に渡って株投資をする人のことです。
つまり本来の株投資の姿と言えます。

予算はともかくこの投資方法はリスクが低いため失敗も低い投資法だ。

あなたがこれから株投資を始めるのであれば「本物の投資家」をめざしてほしいですね。

2、「投機家」=これはいわゆるキャピタルゲインという「利ざや」を拾うため、短期売買を繰り返しつつ資金を繰り返す人のためだ。

短期間で大きなリターンを拾う場合は投資は言わず、投機と呼びます。

これはやり方次第ですがリスクは投資について、やや高いと言えます。

3、「ギャンブラー」=自分が買った株価の上下に興奮して、一喜一憂する人で、トレードのルールがほとんど定まっていない人だ。

運任せに売買を繰り返し、人によっては利益からスリルを求めることもあります。

株で失敗するほとんどンケースは、ギャンブラー的やり方と言えます。

キャッシングから破産する人の割合