おすすめの投資法

では初心者向けの株の投資のやり方だ。
株で利益を突き上げるための「基本的な考え方」として、これから相場が上昇するのか下落するのか、その可能性の高い方向を分析する方法があります。

こういう分析方法には2通りあり、

“経済基盤や企業の業績を基に講じる「ファンダメンタルズ分析法」”
“値動きを基に講じる「テクニカル分析法」”

があります。

当たり前の話ですが株を売り買いするには「株を買った後にのぼり、売った後に下りる」
これが利益を醸し出す基本パターンだ。

理想としては、
「狙った株がもっとものぼり易い時期の少し前に買い、一番上昇した場合売り抜く」
これが最高の利益獲得パターンになるのです。

株価予想

もちろん「いうは易し立ち向かうは難し」で誰でもそれができるなら、株取引で損をする人がいなくのぼるって話です。

長年株取引を行っている人も、あるいはプロもそれを100%見切ることは至難の業ですが、前ご説明した分析法を通じて株の売り買いのための、精度が伸びることは確かなのです。

初心者に限った結果はないですが、それを怠っていわゆる「第六感」だけに頼っても、決して成功することはあり得ないのです。

30年この世界の釜の飯を食ってきた人間も、それは断言できます。

・ファンダメンタルズ分析=財務や業績を通して、企業の本質的な価値を分析する方法。
会社の価値について株価が割安か、今後の成長が見込めるかを推測し、割安だったり成長が期待できるようなら株を買います。
・テクニカル分析=これまでの株価の変動のパターンなどを比較し、現在の株価が割安か割高かを判断する。

企業の実力を推し量り現在の株価が低いかどうかを判断し買うべきかどうか判断する方法。

こういう分析手法のどちらに重点を置くかは個人(ユーザー)を通じて好き好きがあります。

ただ言えることは、
「短期での株取引を行う場合はテクニカル分析を重視」
「長期投資ならファンダメンタルズ分析を重視」
するのが良いとされています。

バイナリーオプションコツつかみ方