アメリカ株のはじめ方

10万円資産運用において、実は有力な投資対象が米国株式だったりします。 単元制度で投資単価が大きい日本株式と異なり、1株から投資見込める米国株式は数十ドル(数千円)や数百ドル(数万円)といった価格で買い付け可能です。

日本から米国株へ投資するには、米国株の取引サービスを提供する証券会社の口座開設が必要です。 現在サービスが優れているのが マネックス証券というSBI証券だ。

サービス面ではマネックス証券がもっとも優れます。 ただ、筆者は普段使っている流れもあって、後者のSBI証券経由で初めて米国株式を購入しました。

買い方や運用の仕方、利益の出し方は日本の株式と同じです。 その代わり、株主優待制度は原則設定されていないため、値上がり益か配当金目的で投資を始めるのが良いです。

我らが最初投資を始めるならば、アップルやグーグルなど、かわいらしく名前を知っている企業が主体になると思います(関連してグーグルに投資する方法)。 も最大手はそれだけに限りませんし、ADRという仕組みを利用すれば、第三国の企業へも投資可能です。

バイナリーオプション