株式の儲かる仕組み

株式取引で利益を生むのは以下の3つの方法があります。

1、株の価格差益
2、株の配当
3、株主の優待

先に3、の株主優待からご説明しますといった、
「株主優待は企業が株を保有しているユーザーについて立ち向かう様々なサービスのことです。
配布するものは商品の無料券であったり、鉄道会社であれば運賃無料あるいは格安などその種類は多岐に渡ります。」

1、価格差益について

株の取引で一番大きな利益となるのがこういう売却益(キャピタルゲイン)などだ。
「短いら買って、大きいら譲る」ということですが、具体的な内容として、

「A社の株価100円の時に100株、つまり1万円で購入したという行う。
こういう株がその後200円まで上昇しました。
この時にA社の株を売却すれば2万円になりなすので1万円の利益となります」

2、株の配当に関しまして

株を保有しているという、企業によっては利益の一部を株主に還元しています。
還元されたお金のことを配当金と言います。

配当金の額は企業によってさまざまですので一概には言えませんが、利益の出た企業の中には3~4%という配当金を出す会社もあれば無配当の企業もあります。

また配当金のいただける日も企業によって違う。
いついつの日に株を保有しているって配当金を出します、という日を権利確定日といいます。

配当金を得たい時折、権利確定日を含めて4営業日前までに株を保有していなければならない、と決められています。

延々とご説明しましたが、もし「株式投資」に対して本格的に学んでから投資を始めたいとお考えでしたら、フェチが初心者に対するオンラインセミナーに、一度参加してみるのも良いことだ。

テクニカルトレード実況ブログ