未公開株について

VCは未公開株に主に投資し、上場にかけてコンサルティングを行ったり、企業買収も行なうなど、アグレッシブな投資をするのが特徴です。

VCによる未公開株投資は、主に一般ユーザーから資金を揃え、投資事業組合(ファンド)を組成して行います。

ベンチャーキャピタルは組成したファンドのファンドマネージャーとして、集めた資金を管理・運用します。なお、資金で投資を行うこともあります。

ファ ンドの運用期間が終わった後に売却したい場合、売却先が必要になります。ベンチャーキャピタルやユーザー自身が売却先を見い出す、あるいはベンチャーキャピタル 自身が売却先となることもありますし、投資先企業が売却先となることもあります。いずれにせよ、売却先への株式譲渡は、未公開株の発行元である投資先企業 の承認を得ないとできません。

このように、VCを通じた未公開株の取引の場合、株式の売買は市場取引ほど簡単にはできないことが多いのに気を付ける必要があります。

また、ファンドを組成やる場合など、途中解約は基本的にできないことが多いようです。

未公開株は無登録の会社が勝手に未公開株を販売しているケースもあるなどのトラブルもあるので注意が必要です。

いずれにせよ、ハイリスク・ハイリターンの投資になることに留意しましょう。

バイナリーオプション